画面の説明

このブログは、左側の投稿欄と右側の情報欄とから成り立っています。

2020年4月5日日曜日

(1929)  コッローディ『ピノッキオの冒険』(1-2) / 100分de名著

 
◆ 最新投稿情報
=====
(K1070)  認知症と介護・医療拒否(2) <認知症>
http://kagayakiken.blogspot.com/2020/04/k1070-2.html
=====
 
 
☆☆
ピノッキオの主体的意志による選択の結果としてとして生じる過ちが、映画ではきれいに消されている。結果として、ディズニー版『ピノキオ』は、勧善懲悪の物語へと転換されることになったとも言えるだろう
☆☆
 
第1回  6日放送/ 8日再放送
  タイトル: 統一国家とあやつり人形
 
放映は、   月曜日 午後 10:25~10:50
再放送は、  水曜日 午前 05:30~05:55
 及び        午後 00:00~00:25

【テキストの項目】


(1)   イタリア統一と公教育の始まり
(2)  『ピノッキオの冒険』の誕生秘話
(3)   ライバル『クオーレ』との売り上げ比較
(4)   書き出しの魅力
(5)   まるたん棒が意志を持つ不思議
 
(6)   物言うコオロギと衝撃のシーン
(7)   貧しさのなかでの優先順位――教育か、娯楽か
(8)   火喰い親方のくしゃみ
(9)   キツネとネコに騙される
(10)ディズニーとピノッキオ
 
【展開】
(1)   イタリア統一と公教育の始まり
(2)  『ピノッキオの冒険』の誕生秘話
(3)   ライバル『クオーレ』との売り上げ比較
(4)   書き出しの魅力
(5)   まるたん棒が意志を持つ不思議
 以上は、既に書きました。


(6)   物言うコオロギと衝撃のシーン
 ピノッキオは、百年以上この家に住んでいるという、物言うコオロギと出会います。コオロギの言葉に激怒したピノッキオは、コオロギを殺してしまいます。児童文学としては衝撃的です。因みにこのコオロギは、幽霊として、あるいは蘇って、ピノッキオにものの道理を教えます。
 反省して、「ぼくはきちんと学校に行って勉強し、優等生になる、…」と言うピノッキオにジェッペットは感動します。自分の一張羅の上着を売りに行き、外は雪なのにシャツ一枚になりましたが、ピノッキオのためにアルファベットの練習帳を買ってきました。
 
(7)   貧しさのなかでの優先順位――教育か、娯楽か
 ジェッペットが上着を売って得たお金でアルファベット練習帳を手に入れたピノッキオですが、楽しげな音楽の誘惑に負けてしまいます。人形芝居を見たいと、入場料の4ソルドを得るために練習帳を売ってしまいました。
 教育か、娯楽か。その選択を迫られたとき、ピノッキオはあっさりと娯楽を選びました。遊びたいときには遊びたい。子どもの本心をピノッキオは体現しています。
 
(8)   火喰い親方のくしゃみ
 人形遣いの火喰い親方に捕まったピノッキオは、親方が食べる羊肉を焼くための薪の足しにされそうになります。 … この火喰い親方というキャラクターは、新しく到来した社会のなかでの「搾取」を象徴する人物として描かれています。 … 搾取の権化である火喰い親方は、くしゃみをするとある種の正気を取り戻し、人間らしい側面を手に入れます。それは周りを幸せにするのみならず、彼自身にも幸せをもたらすという含意をここに読み取ることができるでしょう。
 くしゃみをし始めた火喰い親方は、ジェッペットの話に感極まり、親父さんにもっていってやるよう、ピノッキオに金貨五枚をわたしました。
 
(9)   キツネとネコに騙される
 道中で出会ったのは、足の悪いキツネと目の見えないネコ。かれらはピノッキオに、5枚の金貨が簡単に二千枚以上に増える場所があるという、…


 誤解を恐れずに言えば、このキツネとネコは、当時における身体障碍者の象徴として描かれているように感じます。 … 切り捨てられた人間たちが、みずから再び社会と関わろうとしたとき、そこにはどんな選択肢があったのか。 … 
 …人形であるピノッキオには人間の大人が抱いているような偏見がないため、そうした人たちともすぐに接点を持ってしまう。そして、騙されてしまう。
 
(10) ディズニーとピノッキオ
 ディズニーの「ピノキオ」はコッローディの原作とはまったく別世界に生きている。みずから困難に立ち向かうこともなければ悩むこともない。外界や他者からもたらされる偶然の働きかけに応じて「冒険」をつづけているだけなのだ。そして、その「単純なハッピーエンド」ゆえに、世界中から今もなお愛されつづけている。
 
<出典>

和田忠彦(2020/4)、コッローディ『ピノッキオの冒険』、100de名著、NHKテキスト(NHK出版)

(1928)  ケーキの切れない非行少年たち / 認知機能(コグトレ)(2)

 
◆ 最新投稿情報
=====
(K1069)  認知症と介護・医療拒否(1) <認知症>
http://kagayakiken.blogspot.com/2020/04/k1069-1.html
=====
 

☆☆
「再び非行に走らないように更生するためには、自分が犯した非行としっかり向き合い、内省しながら被害者のことを考えることが必要。しかし、認知機能が弱いと、反省しなさい、といっても難しくて理解できない
☆☆
 
 4回シリーズで書く予定です
A: 認知機能



B: ケーキの切れない非行少年たち  ←←←  今回
C: コグトレ
D: コグトレ塾
 
 
 宮口教授は医療少年院で、非行少年の認知機能の弱さを目の当たりにしてきた。円形のケーキを三等分するように言うと、図のように切ってしまう。

 なかには、少年院に来てどう感じるかとの問いに「楽しい」と答え、置かれた立場が理解できていない子もいた。
 
 「再び非行に走らないように更生するためには、自分が犯した非行としっかり向き合い、内省しながら被害者のことを考えることが必要。しかし、認知機能が弱いと、反省しなさい、被害者の気持ちを考えなさいといっても難しくて理解できない。反省の前にしっかり『見る』『聞く』『想像する』力をつけてから、更生への支援が始まる」と宮口教授。それらの力を養うのがコグトレだった。
 
 
<出典>

認知機能強化「コグトレ」広がる 専門教室やドリル教材も
産経新聞(2020/03/11)
https://www.sankei.com/life/news/200311/lif2003110005-n2.html

 

2020年4月4日土曜日

(1927)  コッローディ『ピノッキオの冒険』(1-1) / 100分de名著

 
◆ 最新投稿情報
=====
(K1068)  高齢者なるべく歩いて 新型コロナ外出自粛 「生活不活発化」の恐れ <体の健康>
http://kagayakiken.blogspot.com/2020/04/k1068.html
=====
 

☆☆
ただのまるたん棒が自分の意志を伝えることができる。ひとりの人間の一生が閉じ込められているのでしょう。手斧で削れて痛みを感じる。生れ落ちることの痛みでしょう。ジェッピットは、はなから父親として振る舞う
☆☆
 
第1回  6日放送/ 8日再放送
  タイトル: 統一国家とあやつり人形
 
【テキストの項目】
(1)   イタリア統一と公教育の始まり
(2)  『ピノッキオの冒険』の誕生秘話
(3)   ライバル『クオーレ』との売り上げ比較
(4)   書き出しの魅力
(5)   まるたん棒が意志を持つ不思議
 
(6)   物言うコオロギと衝撃のシーン
(7)   貧しさのなかでの優先順位――教育か、娯楽か
(8)   火喰い親方のくしゃみ
(9)   キツネとネコに騙される
(10)ディズニーとピノッキオ
 
 
【展開】

(1)   イタリア統一と公教育の始まり
 『ピノッキオの冒険』の作者カルロ・コッローディは1826年、フィレンチェに生まれました。
 中世のイタリア半島は、複数の都市国家や大国・公国に分裂し、イタリアという国家は存在しておらず、オーストリアなどからの介入を受けていましたが、フランス革命(1789-99)を機に、独立の機運が高まりました。コッローディはイタリア統一を願う熱心な愛国者でした。
 国家統一後にコッローディが熱心に取り組んだのが、児童向けの教科書の執筆でした。コッローディが出版した『ジャンネッティーノ 子どものための本』は、十歳ほどの少年ジャンネッティーノの成長物語で、好評を博し、学校の副読本に採用されました。
 
(2)  『ピノッキオの冒険』の誕生秘話
 コッローディは、一方で国や教育の高邁な理想を掲げながら、他方では、現代で言うところのギャンブル依存症でした。膨らんでしまったギャンブルの借金を手っ取り早く返すために書き始めたのが、『ピノッキオの冒険』だったのです。
 十数回連載したところで借金を返し終えたコッローディは、連載を終えるため、樫の木に首を括られてピノッキオが死ぬという結末を用意しました。ところが読者たちからの抗議が殺到し、連載は再開され、今日に残る形の『ピノッキオの冒険』が完成しました。
 
(3)   ライバル『クオーレ』との売り上げ比較
 『ピノッキオの冒険』は、単行本の初版が出てから第二版が出るまでに3年の期間を要しています。この3年のあいだに出版されたのが『クオーレ』で、こちらは爆発的な人気を獲得し、刊行からわずか2カ月半で41もの版を重ねました。
 『ピノッキオの冒険』が発刊後ただちに多くの読者を獲得することができなかった大きな要因は、二つあります。一つは、『ピノッキオの冒険』は大人がすんなり納得できる道徳的な物語ではないということ。二つは、専ら労働力として大人と同じように働かされていた子どもたちの過酷な状況を読者に鮮明に届けてしまったことです。
 
(4)   書き出しの魅力
昔むかしあるところに・・・
「ひとりの王さまがいたんだ!」わたしのちいさな読者たちはきっとすぐに言うにちがいない。
「いいえ、みなさん、それはまちがいです。昔むかしあるところに、まるたん棒が一本あったのです。」
 冒頭の書き出しです。予定調和的な物語の行く末はここでは保障されませんよ、と読者はあらかじめ宣告されてしまう。読者としては、「あれ、わたしたちはどこに連れていかれるの?」となります。見事な書き出しです。
 テーブルの脚に使おうと手に取ったまるたん棒がしゃべりました。気持ち悪くなった大工のさくらんぼ親方は、木彫りのあやつり人形を作りたいと訪ねてきたジェッペットに、そのまるたん棒を譲ります。
 
(5)   まるたん棒が意志を持つ不思議
 ジェッペットは人形作りに取り掛かります。名前はピノッキオに決めました。顔を作っていると、目玉がきょろりと動いてこちらを見つめます。次に鼻を作ると、なんと鼻がどんどん伸び始めました。
 ピノッキオは、作られてすぐジェッペットにいたずらし放題です。言葉でからかう。ジェッペットのかつらを取り上げる。足ができたとたんにジェッペットの鼻を蹴飛ばす。
 「この悪がきめ! まだできあがってもいないうちから、もう父親を敬うってことを忘れるなんて! だめだぞ、息子よ、それはいかん!」ジェッペットは涙をぬぐいました。
 
 以下は、後日書きます。
(6)   物言うコオロギと衝撃のシーン
(7)   貧しさのなかでの優先順位――教育か、娯楽か
(8)   火喰い親方のくしゃみ
(9)   キツネとネコに騙される
(10) ディズニーとピノッキオ
 
<出典>
和田忠彦(2020/4)、コッローディ『ピノッキオの冒険』、100de名著、NHKテキスト(NHK出版)


 


2020年4月1日水曜日

(1926)  認知機能 / 認知機能(コグトレ)(1)

 
◆ 最新投稿情報
=====
(K1067)  個人Blog 3月下旬リスト <サイト紹介>
http://kagayakiken.blogspot.com/2020/04/k1067-blog.html
=====
 

☆☆
認知機能とは、匂う、見る、聞く、触れる、味わうといった五感を通して外部環境から情報を得て整理し、それを計画的に組み立て実行し、結果を作り出していく過程で必要な能力。人がよりよく生きるための機能☆☆
 
 4回シリーズで書く予定です
A: 認知機能  ←←←  今回
B: ケーキの切れない非行少年たち
C: コグトレ
D: コグトレ塾
 
 立体展開図がうまく描けない、丸いケーキを三等分に切れない…非行に走った少年たちの「困難なこと」を明らかにし45万部のベストセラーとなった新書「ケーキの切れない非行少年たち」(新潮社)で紹介された認知機能を強化するトレーニングが、教育関係者や子育て世代から注目を集めている。今年1月に大阪に専門教室も誕生、ドリル教材も売り上げが伸びている。
 
 認知機能とは、記憶、知覚、注意、言語理解、判断・推論などの知的部分をつかさどる脳の働きで、学習の土台になる。
 この能力が弱いと、見たものを正しく認識できず、ゆがんで受け取ってしまったり、物事の背景を想像・理解することが難しかったり、行動にブレーキがきかなくなることがあるという。
 
<出典>
認知機能強化「コグトレ」広がる 専門教室やドリル教材も
産経新聞(2020/03/11)
https://www.sankei.com/life/news/200311/lif2003110005-n2.html

コグトレ塾
https://cogtorejuku.jp/cog-tr/

2020年3月31日火曜日

(1925)  コッローディ『ピノッキオの冒険』(0) / 100分de名著

 
◆ 最新投稿情報
=====
(K1066)  移動車による巡回販売 / 上郷ネオポリスの挑戦(2) <地域の再構築>
http://kagayakiken.blogspot.com/2020/03/k1066-2.html
=====
 

☆☆
ウォルトが原作の残酷さや両義性を実に上手に取り除いて誰もが感動する冒険ファンタジー作品に仕上げたもの、それがディズニーのアニメ『ピノキオ』。『ピノッキオの冒険』全体を正確に知っている人は、実は少ない
☆☆
 
100de名著」 コッローディ『ピノッキオの冒険』が、46()から始まります。Eテレ。
放映は、   月曜日 午後 10:25~10:50
再放送は、  水曜日 午前 05:30~05:55
 及び        午後 00:00~00:25
講師は、和田忠彦(イタリア文学研究者)
 
 
<全4回のシリーズ>  いずれも4

【はじめに】  既存のイメージを覆す型破りな物語
 
第1回  6日放送/ 8日再放送
  タイトル: 統一国家とあやつり人形
 
第2回  13日放送/ 15日再放送
  タイトル: 嘘からの成長
 
第3回  20日放送/ 22日再放送
  タイトル: 子どもをめぐる労働と不条理
 
第4回  27日放送/ 29日再放送
  タイトル: 「帰郷」という冒険
 


【はじめに】  既存のイメージを覆す型破りな物語
  『ピノッキオの冒険』とウォルト・ディズニーのアニメ『ピノキオ』は違う
  『ピノッキオの冒険』と『クオーレ』


  「ピノッキオはわたしだ」
   読者の参加により完成された物語
 
【展開】
  『ピノッキオの冒険』とウォルト・ディズニーのアニメ『ピノキオ』は違う
 ウォルト・ディズニーのアニメ『ピノキオ』は、原作に忠実なものではまったくなく、ウォルトが原作の残酷さや両義性を実に上手に取り除いて誰もが感動する冒険ファンタジー作品に仕上げたものです。本当の『ピノッキオの冒険』の魅力には、映画で触れることはできないとも言えます。ピノッキオは、おそらく世界でもっともよく知られた人形キャラクターでありながら、その物語全体を正確に知っている人は、実は極めて少ないと言えるでしょう。
 
  『ピノッキオの冒険』と『クオーレ』
 「少年少女世界文学全集」のなかの一巻に、『ピノッキオの冒険』と同時代にイタリアで発表され爆発的に売れた児童書『クオーレ』(「母をたずねて三千里」の物語が収録されている)というふたつの作品が収められています。あまりにも対照的な物語、『クオーレ』は「良い子」、『ピノッキオ』は「悪童」の物語です。
 
  「ピノッキオはわたしだ」
 ピノッキオは人形になる前の棒っきれの段階から言葉を有しています。すなわち、自分の意志や個性を持っている。さらに言えば、ピノッキオという存在は、この世に生れ落ち、幼少期、成熟期を経て死に向かうという、人間がたどるであう一生のプロセスを最後まであらかじめ体現する存在として、物語に登場しているのです。
 誕生から140年になろうとするあやつり人形の物語がいまもなお読み継がれていることに理由があるとすれば、それは「ピノッキオはわたしだ」と、読みながら、そして読み終わったときに、痛切に感じるからではないでしょうか。
 
   読者の参加により完成された物語
 「子ども新聞」に掲載されていた『ピノッキオの冒険』は、ピノッキオが樫の木に首を括られて命を落とし終わりました。しかし、子どもたちと親たちの要望で、連載は再開され、ピノッキオは生き返りました。
 二十世紀以降の小説と読者のあり方(すなわち、読者の読書経験のなかではじめて小説は完成する、という文学批評の流れ)を考えたときに、まさに先駆的で象徴的な出来事だったと言えるでしょう。
 
<出典>
和田忠彦(2020/4)、コッローディ『ピノッキオの冒険』、100de名著、NHKテキスト(NHK出版)

2020年3月30日月曜日

(1924)  近々ロックダウンがあっても不思議でない

 
◆ 最新投稿情報
=====
(K1065)  カテゴリー別ケア体験・困っていることの一覧 / 認知症ちえのわネット(2) <認知症>
http://kagayakiken.blogspot.com/2020/03/k1065-2.html
=====
 

☆☆
「ここ一両日中にロックダウンを発令しても不思議でない」「ロックダウンするなら、それはどこか」「ロックダウンに備え、何を準備すればよいか」。新型コロナウイルスについては、心配しすぎてよい。準備せよ!
☆☆
 
  ここ一両日中にロックダウンを発令しても不思議でない
  ロックダウンするなら、それはどこか
  ロックダウンに備え、何を準備すればよいか
 
 「感染爆発の重大局面だ──。新型コロナウイルスの感染拡大に関して、小池百合子東京都知事が325日の会見で、“何もしないで推移すればロックダウン(都市封鎖)を招いてしまう”と危機感をあらわにし、急遽、ロックダウンが日本でも現実味を帯びてきた。」
 「都市封鎖(ロックダウン)とは、対象とするエリアの人の移動を制限したり企業活動を禁じることを指す。定義はあいまいで、東京都によれば、都は諸外国で既に採用されている外出禁止などを想定して使用しているという。」
島津 翔 他 1名 (日経ビジネス記者)『新型コロナ、「首都封鎖」で知っておくべき10のこと』
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/032701152/
 

<各論>

  ここ一両日中にロックダウンを発令しても不思議でない
 
 私は、ここ一両日中にロックダウンを発令しても不思議でないと思っています。その理由は、

(1)  中国、韓国ばかりでなく、イタリア、スペイン、フランス、英国などは3月中旬から相次いで不要不急の外出を禁止。米国も328日時点で、20以上の州が外出制限を実施している

(2)  新型コロナウイルス「新型インフルエンザ等対策特別措置法」(平成24年)の対象に加えるための改正法が313日成立した。26日には、対策本部を設置した

(3)  鈴木北海道知事に続き、吉村大阪府知事、小池東京都知事も危機感を募らせている。さらに、26日には東京と神奈川、千葉、埼玉、山梨の14県が不要不急の外出を自粛するようにとの共同メッセージを発表している

(4)  ロックダウン(都市封鎖)もやむを得ないと国民が思い始めた~と私はみている(不平を言いながらも、不要不急の外出を控える人が多くなった)。埼玉県でのK-1イベント強硬開催が、危機感をもたらした(強制力が必要との認識)

(5)  オリンピックの開催は中止にならず、来年7月開催で目途が立った。この決着がつく前に、非常事態宣言は出したくなかった(「日本は開催可能だが、他の国がそういう状態にないので延期する」というストーリーにしたかった→延期には今後金がかかるが、その負担交渉が有利になる)

(6)  「オーバーシュート」(感染者の爆発的な拡大を指す)が明らかになってから緊急事態宣言を出すと、「遅すぎる」と非難される
 
 「ギリギリ」という言葉がよく使われているが、本音を言えば、緊急事態宣言を出し遅れないギリギリのタイミングを見計らっている私は、思います、
 
 仕組みとしては、「首相が宣言を行うことにより、知事が権限を行使する」「首相が知事に助言など行うことができるのに対し、知事は首相に意見を申し出ることができ、国と地方との連携が強化される」つまり、首相と知事の連携がうまくいかないと、緊急事態宣言は機能しません。その点小池東京都知事も、吉村大阪府知事も連携しようしています。
 
 非常事態宣言の条件はそろいました。もう死語になってしまっているかもしれませんが「今でしょ!」
 

  ロックダウンするなら、それはどこか
  東京都単独
  東京都と大阪府
  東京都に神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県が加わる
  大阪府に兵庫県、京都府が加わる
  全国規模 … 可能性は低い。あるとしても、第二段だろう
 
 判断の基準は、都道府県別の感染者数とその推移でしょう。感染者数は、その絶対数ではなく、都道府県民のなかのどれだけ感染したか割合を見るのが大切だと思います。二つの指標、
  3/29の時点で、人口百万人当たりの感染者は何人か」
  3/22から3/29までの一週間の間に、感染者数は何パーセント増えたか(3/29時点の感染者数が30人以上に限る)」
という視点で添付図を見頂くと、対象とすべきなのはどこか、イメージできます。
  ざっとまとめてみると、
  最も必要性が高いのが、東京都、千葉県


  次に必要性が高いのが、大阪府、京都府、神奈川県、埼玉県
  必要性が比較的低いのは(累積感染者数は多いが、ここ1週間のデータでは、鎮静化している)、北海道、愛知県、兵庫県、新潟県
  あまり必要性を感じないのは、山梨

 京都府、新潟県はマスコミに登場しませんが、人口百万人当たりの感染者数という指標を採用すると、要注意になります。
 

  ロックダウンに備え、何を準備すればよいか
 インターネット上にあるデータを整理してみました。
 
生活必需品
https://drive.google.com/file/d/198KB0RWPErGIQnjZR-jo5sQ9C79AmWZw/view?usp=sharing
 「日用品」
 「食料品」
 
チェックリスト
https://drive.google.com/file/d/1tQFlCNij4Xs-AD70p1YgVxhALP5zZoRl/view?usp=sharing
 A.医療、健康(心身)  (13件)
 B.準備事項  (15件)
 C.時間の過ごし方、そのための準備  (16件)
 D.情報源、相談先  (6件)
 E.注意事項  (3件)
 F.購入品  (2件)




2020年3月29日日曜日

(1923)  新型コロナウイルス感染症の特徴

 
◆ 最新投稿情報
=====
(K1064)  野七理テラス / 上郷ネオポリスの挑戦(1) <地域の再構築>
http://kagayakiken.blogspot.com/2020/03/k1064-1.html
=====

 
☆☆
新型コロナウイルスに関して、情報が大切だが、誤った情報も多い。新味はないが、以下の情報は信頼できる。専門家が集まっており、一番情報が集約される場から発信されている。ただ、「味覚・臭覚障害」は未収録
☆☆
 
<出典>  信頼できる最新(2020/3/28)情報。「臭覚・味覚障害」は未収録

 新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針
 令和2年3月 28
 新型コロナウイルス感染症対策本部決定
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000614803.pdf
(注)加工しています: 箇条書きとし、タイトルと要約を付加しました。
   特徴について要約したものを示します。


新型コロナウイルス感染症については、下記のような特徴がある。
1.  【感染経路】感染経路の中心は飛沫感染及び接触感染。空気感染のリスクもある
2.  【密閉空間・密集場所・密接場面】3つの条件が同時に重なる場では、リスクが高い
3.  【潜伏期間】潜伏期間は1-14日(一般的には約5日)。14日間にわたり健康状態を観察
4.  【症状】発熱や呼吸器症状が1週間前後続、強いだるさ(倦怠感)
5.  【入院期間】入院期間の中央値は11日間(中国における報告)
6.  【罹患後】罹患しても約8割は軽症で経過し、治癒する例も多い
7.  【重症度】季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高い
7.1.   【新型コロナウイルス感染症における致死率及び肺炎の割合】相当程度高い
7.2.   【高齢者・基礎疾患】高齢者・基礎疾患を有する者では重症化するリスクが高い
7.3.   【医療機関や介護施設】院内感染対策、施設内感染対策が重要
7.4.   【年齢ごとの死亡者の割合】60歳以上の者では6%30歳未満の者では 0.2%
8.  【治療】治療方法としては対症療法が中心である
8.1.   【予防接種】現時点ではワクチンが存在しない。予防接種に係る施策の記載はない
8.2.   【治療薬】いくつか既存の治療薬から候補薬が出てきている

===== 詳細 =====

新型コロナウイルス感染症については、下記のような特徴がある。

1.       【感染経路】感染経路の中心は飛沫感染及び接触感染。空気感染のリスクもある
 一般的な状況における感染経路の中心は飛沫感染及び接触感染であるが、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等の症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされている。

2.  【密閉空間・密集場所・密接場面】3つの条件が同時に重なる場では、リスクが高い
 集団感染が生じた場の共通点を踏まえると、特に密閉空間(換気 の悪い密閉空間である)、密集場所(多くの人が密集している)、密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)という3つの条件が同時に重なる場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられる。

3.  【潜伏期間】潜伏期間は1-14日(一般的には約5日)。14日間にわたり健康状態観察
 世界保健機関(World Health Organization: WHO)によると、現時点において潜伏期間は1-14日(一般的には約5日)とされており、また、厚生労働省では、これまでの新型コロナウイルス感染症の情報なども踏まえて、濃厚接触者については14日間にわたり健康状態を観察することとしている。

4.  【症状】発熱や呼吸器症状が1週間前後続、強いだるさ(倦怠感)
 新型コロナウイルスに感染すると、発熱や呼吸器症状が1週間前後続することが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える人が多いことが報告されている。

5.  【入院期間】入院期間の中央値は11日間(中国における報告)
 中国における報告(令和2年39日公表)では、新型コロナウイルス感染症の入院期間の中央値は11日間と、季節性インフルエンザの3日間よりも、長くなることが報告されている。

6.  【罹患後】罹患しても約8割は軽症で経過し、治癒する例も多い
 罹患しても約8割は軽症で経過し、治癒する例も多いことが報告されている。

7.  【重症度】季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高い
 重症度としては、季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高いことが報告されている。中国における報告(令和2年228日公表)では、確定患者での致死率は2.3%、中等度以上の肺炎の割合は18.5%であることが報告されている。季節性インフルエンザに関しては、致死率は0.00016%-0.001%程度、肺炎の割合は 1.1%-4.0%、累積推計患者数に対する超過死亡者数の比は約0.1%であることが報告されている。

7.1.   【新型コロナウイルス感染症における致死率及び肺炎の割合】相当程度高い
 このように新型コロナウイルス感染症における致死率及び肺炎の割合は、季節性インフルエンザに比べて、相当程度高いと考えられる。

7.2.   【高齢者・基礎疾患】高齢者・基礎疾患を有する者では重症化するリスクが高い
 また、特に、高齢者・基礎疾患を有する者では重症化するリスクが高いことも報告されており、

7.3.   【医療機関や介護施設】院内感染対策、施設内感染対策が重要
 医療機関や介護施設等での院内感染対策、施設内感染対策が重要となる。

7.4.   【年齢ごとの死亡者の割合】60歳以上の者では6%30歳未満の者では 0.2%
 上記の中国における報告では、年齢ごとの死亡者の割合は、60歳以上の者では6%であったのに対して、30歳未満の者では 0.2%であったとされている。

8.  【治療】治療方法としては対症療法が中心である
 現時点では、有効性が確認された特異的な抗ウイルス薬やワクチンは存在せず、治療方法としては対症療法が中心である。

8.1.   【予防接種】現時点ではワクチンが存在しない。予防接種に係る施策の記載はない
 なお、現時点ではワクチンが存在しないことから、新型インフルエンザ等対策政府行動計画に記載されている施策のうち、予防接種に係る施策については、本基本的対処方針には記載していない。

8.2.   【治療薬】いくつか既存の治療薬から候補薬が出てきている
 その一方で、治療薬としては、いくつか既存の治療薬から候補薬が出てきていることから、患者の観察研究等が進められている。